2009/09/30

担々麺はコクがなくちゃ!と、つくづく思わせる「一品香」の担々麺

最近、本庄界隈に行くことなど滅多になくて、すっかり忘れていたのだけれども、こないだ、お隣の中崎町に行く用事があって、しかも昼飯どきで、あっそうや!あの店があったやないかいな!と思い出して、チャリを左にカーブを切って行ってきたのでした。

下町の実力派中華料理屋さんの「一品香」。

日本語でそのまま読むと「いっぴんか」、中国語読みやと「イーピンシャ」ですな。むかし、お店の人に、どっちでっか?と聞いたことがあるんですが、中国語の読みかたなんてよう知ってるなあ、と、言われただけで、ちゃんとした返事はもらえまへんでした(笑) どっちでもえーらしいです。。。。

さてここは、アクセスが超悪いくせに、結構、混んでるんですよね。なので、行くときはいっつもまともなお昼の時間をはずして、昼の2時くらいに行くことにしてます。さすがにその時間やと、空いてます。

「徐園」でコックをやってはったオッサンが腕を振るってるんで、味は間違いないです。というか、そういう肩書きはなくても、ちゃーんと、美味いです。

フカヒレの姿煮やらフカヒレラーメンが絶品なんですが、んなもんを昼飯で食べてると財布がいくつあっても足らんので(といっても、そんなに高くはないんですがね)、今日は、担々麺を。

このお店、なにを食べても美味いですが、お昼だと、いつもいつもB定食に鎮座している担々麺+焼き飯のセットも、美味いです。美味いかつ、大人気。お昼やと、これを注文する人が9割くらいではないかと思われるほどです。

僕も、今日はBセット。



担々麺はですな、辛い、というよりも、ゴマの香ばしい風味とトンコツベースの濃厚スープに(辛味のなかに酸味あり甘みありの、かーなり複雑なスープです)、甘辛く味付けされた肉味噌がたっぷりと乗っかっていて、あわせて食べると、コクがありまくりの、絶品スープとなります。






辛さよりもコクに特徴のある担々麺ですな。
でもほら、担々麺って、もともとはスープ状のものではなく、どちらかというと辛い「アン」なので、どちらかというと、少し、そっちに寄ってるかんじのものです。
まるっきりのアンの完全中華風にしてしまうと日本人の舌には馴染まんでしょうから、日本人向けにアレンジするんですけれども、そのときに担々麺本来が持っている本質的なものをちゃんと残していて、そのあたりのバランス感覚が、ここの担々麺は素晴らしいと思いますわ。

で、もう一品の焼き飯が、チャーシュー、卵、ネギだけのシンプルな焼き飯なんですが、言うまでもなくパラパラとした離れ具合もよろしく、あっさりした味付けで、コクのある担々麺によく合いますねん。ザーサイのみじん切りが添えられていて、一緒に混ぜて食べるとなおよろし。ええ塩梅になります。

担々麺の量がなかなか良心的な量でして、これと焼き飯だと、並の女性だったら残すのでは?と言いたくなるほどの量です。大飯ぐらいの僕がお昼に食べて、腹九分目くらいの量ですから、なかなかの量です。

それで780円ですから、間違いなく安いです☆

辺鄙な場所にあるんであんまりメディアに登場することはないし(あ、いつだったかmeetsに載ってましたが…)、店構えだけを見てると、美味そうには見えまへん(笑)
入口には笹竹の鉢が、ジャングルか?と言いたくなるくらいに置かれてます。。。




中に入ったら、なんや知らんけれども、熱帯魚の水槽がいくつも置いてあります(笑)




こんな店なんで、スルーする人も多いかと思うんですが、それでもおそらくは地元の人たちであろう人たちで、よく混んでますねん。なので、できることなら、スルーする人はこれからもスルーしていただければ、と思うのです(笑)





北京料理 一品香
大阪市北区本庄西1-12-23
tel. 06-6373-0198
11:00-14:30 15:00-21:00 (月曜 / 11:00-14:00)
第1、3、5土曜休み

2009/09/29

羊を飼うビル

もうとっくに発表されていることですが、堂島浜にある新ダイビルは建て替えが計画されていて、新・新ダイビルの工事が2011年に着工、2014年に完成予定になってます。

今の新ダイビルはデザイン関係の本が充実している本屋さんがあったりして、むかし、よく行ったもんです。現在のテナントがどうなるのかは知らないのですが、ちと寂しいですな。

というのも、このビルは、一見、なんということはないビルなのだけれども、随所に遊び心が盛り込まれていて、よくよく考えたら、こんなビルは滅多にないんじゃないか?というシロモノ。

ちなみに現在のビルは、1958年竣工。1963年に改装してます。

一番有名なのは、羊がいることですよね(笑)

ほら、ビルの角、中段のあたりに羊がいます。
そう、羊を飼っている、世にも珍しいビルなのですよ(笑)



ズームアップしてみます。




もっとズームしてみると、ほら☆




ちなみに、四つの角すべてに、羊さんがいらっしゃいます。





それにしても、なぜに羊なのでしょうか?

羊といえば、多産で繁殖することから、繁栄のイメージがありますから、そういうことなのかと思うんですけどね。

新ダイビルは、昭和の名建築家、村野藤吾が設計を手がけたビルですが、彼はビルに彫刻を盛り込むのが好きだったので、たしか、誰からも愛されるビルということで、一般的に人気のある羊の彫刻を盛り込んだのだということを、どこかで読んだことがあります。

モダニズムは装飾を排する性質を持っているように思いますが、村野藤吾は、そうした装飾が建物への愛着を生むことを、知っていたんでしょうね。



さて、新ダイビルには、この羊以外にもまだまだサプライズがあります。
それはまた、おいおい。





新ダイビル
大阪市北区堂島浜1-2-6

2009/09/28

武蔵、お疲れさん。



先週末、「K-1 WORLD GP 2009」のソウル・ファイナル16が韓国で開催されて、引退をかけて出場した武蔵が、ジェロム・デ・バンナに敗れ、かねてから宣言していたとおり、引退を表明しましたな。

試合後のコメントで、負けたことは悔しいけれども、満足もしているし、これで引退することに後悔はない、と、言ってはりました。

まずは、お疲れさんですね。

もうやめたほうがいいんじゃないの?と思いはじめて2年くらいが経つかな。
ここ数年はなにもできずにボコボコにされる試合も増えたし、どうやって擁護していいのかわからんほど不可解な贔屓判定も見られ、まだやってんの?的な空気も、世間では流れていたように思います。

2003~2004年でのグランプリ2年連続準優勝あたりを花道にしていたら、競技人生の晩年を汚すこともなかったろうに、と、思わんこともなかったですよ。

判定狙いにしか見えないファイトスタイルも好きではなかったです。

でも、ほぼ孤軍奮闘でK-1戦線を闘い、次から次へと興行に引っ張り出され、黙々と試合をこなしてきた姿は、賞賛されてしかるべきだと、断固として思います。
明らかに劣る体格で、特段スピードやパワーに秀でた部分があるわけでもないなかで、試合をつくり、興行を支え、日本の顔としての役割を果たしてきた彼は、もちろん、大功労者。
魔裟斗が陽の光を全身に浴びた日本人選手なら、割りに合わない影の部分を担当したのが武蔵だと、言えます。その彼の最後の試合が、異国の地のソウルだというのも、彼らしいですわ。

繰り返すけれども、彼のことは、僕はそんなに好きではありませんでした。
でも、ボロボロになって朽ち果てるまで闘い続ける選手は、素敵だな、と、同時に思います。
それはもう、格闘技だけではなく、サッカーのカズしかり、野球の小宮山投手や工藤投手しかり。
好きもキライもなく、その姿を見るだけで、素敵だな、と、僕は強く思います。
好きではじめたはずのことを、地位に固執したり惑わされたりすることなく最後まで全うする姿は、誰であれ、僕は好きですな。

JR天満駅の北側を高架の線路沿いに東へ行ったすぐのところには正道会館の総本部があって、武蔵だけじゃなく、角田や、曙や、僕はついに目撃することはなかったけれどもアンディ・フグらが、そこに出入りしていて、しょっちゅう目にしたもんです。

近くの喫茶店でメディアのインタビューを受けている武蔵、夜の天神橋筋商店街を歩いていると、向こうからキレイなおねえちゃんを何人も引き連れて歩いてくる武蔵、道や店で握手やサインを求められている武蔵、若い付き人っぽい人に囲まれて焼肉屋から出てくる武蔵、いろんなところで、いろんな場面で彼を目撃し、そのたびに、遊んでないで練習しろよな!と、だから弱いんだよ!と、内心で僕は思っていたのでした。

ダサくて、かっこわるくて、絵にならない、武蔵。

でも、ボロボロになるまで闘って、後悔も満足もして、いろんなもんをうっちゃって爽やかに引退を口にした彼の姿は、なかなか素敵でした。

ここに、彼はたしかにいたのだな、ボロボロになるまで、ここで汗や血を流したのだな、と、今日、正道会館のまえを通ったときに、思ったのでした。

武蔵には、光も影もあったな。改めて、そのこと思いいたり、素敵だなと思ったのでした。

武蔵、お疲れさん☆

2009/09/26

阪急三番街にリカちゃんがいっぱい☆(画像45枚付き)

9/19からはじまっていて9/27でもう終わっちゃうんですが、阪急三番街で「三番街 LICCA ファッションコレクション」なる展示会が催されてます。阪急三番街のいろんな店舗も参加してのコラボ企画で、これがなかなか楽しいです☆

都合でなかなか行けなかったんですが、もっと早く行けばよかった。。。

あのリカちゃんのビンテージものやらコレクターズアイテムやらがズラズラっと展示されていて、かつ、阪急三番街のいろんなブティックが参加して、2009秋のイチ押しファッションでコーディネイトされたリカちゃんが、あっちこっちで展示されてます!

リカちゃんハウスがあれば、むかしのプロモ用のビデオがあり、ミキモトとコラボした真珠がちりばめられたリカちゃんがいて、な、な、なんと、等身大のリカちゃんまでいますわ~(笑)

詳しくは、阪急三番街のHPを。

http://www.h-sanbangai.com/

9/27までと、もう時間がありませんが、これは行って損はないです!タダだし☆
リカちゃん人形の展示は、北館のB2Fでやってます。


フィギュアといえば仏像くらいしか興味はなく、個人的にはリカちゃんにはまったく思い入れがないのですが、時代ごとのファッションの流行りが一堂に会しているので、そのまんま現代服飾史になってます!
そーいえば、大昔に「リカちゃんの社会学」なる本を買ったことがあることを思い出したけれども、まさに、リカちゃんのラインナップというのは、現代史のある一面を映してますな☆

リカちゃんの顔も年代によって微妙に違っているし(今回発見しましたが、リカちゃんって、どのリカちゃんも右斜め45度に視線を向けてます! 正面からだと目が合いません。笑)、多彩な服が勢揃いしているので、見ているだけで、男の僕でも楽しくなってきます☆

着せ替え人形とか、ちっこいころも今も興味ないんですが、これ見てると、着せ替え遊びというのはさぞかし楽しいのだろうな!と、思いっきり認識してしまいます。

ではでは、以下、ズラズラっと写真。45点を一挙公開です~☆
婦女子さんばっかりの展示会場で、男はオレひとり。白い目で見られながら、ひたすら撮影してました~(笑)















































リカちゃん、英語で書くと「Licca」なのね。
知らんかったです。。。。









阪急三番街
大阪市北区芝田1-1-3
ショッピングサービス / 10:00-21:00(店舗によって異なります)
飲食 / 10:00-23:00(店舗によって異なります)
HP http://www.h-sanbangai.com/