2013/10/30

醍醐寺に行く

京都は、石投げたら当たるほど世界遺産がゴロゴロしてる場所ですが、山科のほうに少し外れた醍醐寺も、そのひとつですな。
三宝院、醍醐寺、上醍醐寺の3つの主要伽藍を総称して醍醐寺といいます。

醍醐寺のHPはこちら。
http://www.daigoji.or.jp/

もともとは修験道の一大拠点だけれども、太閤さんが醍醐の花見を催したり、醍醐天皇の厚い庇護を受けたり…、と、そんな話で彩られているだけあって、なっかなかの貴族趣味のお寺さんで、エラいさんの別荘にでも来た趣があります。

醍醐の山の裾野にひろがる三宝院、醍醐寺(下醍醐・三宝院)は、醍醐天皇が自らの祈願寺としたことから、圧倒的な財力でもって、きらびやかな伽藍を拓いていきました。三宝院の唐門なんて、ちょっと嫌みなくらいの煌びやかさです。
もっとも、応仁の乱で、ここはほぼ全焼します。残ったのは五重塔くらい。現在の伽藍は、その後、豊臣秀吉が「醍醐の花見」を催した際に復興したもんが多数です。

見所は、三宝院の庭園ですかね。なぜか庭園全体が撮影禁止になっているのだけれども、ここの庭園は、枯山水の石庭と池の周りを回遊するスタイルの池泉回遊式の浄土庭園がセットになってます。具象と抽象が共存する、ちょっと見たことない庭園です。
秀吉の作庭で、聚楽第から持ってきた名石がどーんと置かれてます。

かつて、黄金の茶室の復元を見たときにも思ったのだけれども、この、三宝院の庭園といい、秀吉の芸術センスというのは、既存の枠組みを壊してしまうダイナミズムがあります。
ただ、破壊者に留まらず、下品になる一歩手前のギリギリのところで踏みとどまれるのが、秀吉のセンスですね。その、ギリギリのポイントの見極めが、常人のそれよりもはるかに鋭いというか、そこまで行くか!というかんじがします。

それにしても…、下醍醐の撮影禁止箇所の多さは、なんでしょうかね。仏像がダメなのはわかるとして、庭園ダメ、伽藍ダメというのは、ちょっと理解に苦しみます。それでいて、各伽藍で拝観料をとるから、全部見てまわろうと思ったら、結構なオカネがかかります。

元々の創建の地である上醍醐が質実剛健の修験道の拠点であるのと比べて、すごく対照的です。
後日、上醍醐を。


































「水の文化史」富山和子










「水の文化史」富山和子


帯に、名著復活!とあるので、名の知れた人の名の知れた本なのかもしれないけれども、寡聞にして初見です。
まちの本屋さんで邂逅。平積みでなく、書棚から。

この年齢になると、それが自分に合った本かどうか、名著かどうかは、一瞥すれば大概わかるもんで、この本も、中公文庫の復刻本、表紙(の写真、フォント、レイアウト、装丁が放つ匂い)、タイトル、目次、第1ページ目の数行を斜め読み、それだけで300%以上の確率で名著だと確信しました。

4つのコンテンツに大別されていて、のっけから淀川のお話です。

ウナギの漁法である夜づけの話からはじまって、利根川が開拓と巨大開発の歴史が織りなす鈍刀の切れ味の川だと評し、翻って、淀川ははるかむかしから人々がきめ細かくかかわり合い、大陸と都を、日本海と都を、都市と都市を、農村と都市を結んで足繁く文物を往来させてきた、はなやかな川だと結ぶ。

大阪の庶民の日常生活は、水面とともにあった。
たとえば、飲み水がそう。水を売る商売の「水屋」があり、木箱や木桶を載せた水屋の水舟が水路を往来した。水舟が存在する一方で、肥桶を積んだ「肥舟」も往来した。大阪では都市と農村を結びつけていたのは、肥舟と、肥舟の通う水路であった。30万市民の屎尿は周辺の農家にとって、喉から手の出るようにほしい肥料であり、屎はいくら、尿はいくら、6歳以下のものはいくら、といった細やかな値段が決められ、下肥は主要な商品並みの流通体系をつくりだしていた。

八百八橋の大阪は、いわば水の上に立地された都市であり、全面的に水に依存する商業都市であればこそ、今日の僕たちが鉄道などで経験する「途中下車前途無効」というあの商法も、とうのむかしに、江戸時代に、水上で考え出された。
川筋にはいたるところに舟着場があり、そこには旅籠があり、遊女のいる遊び場があった。舟の旅は退屈なものだから、お客はよく途中で下船をする。そこに目を付けた増収策が「途中下船 切符前途無効」という制度だった。
淀川の交通を取り仕切った京の角倉家は、この制度によって大儲けした。もっとも、その角倉家は、一方で、嵐山の大堰川に命がけで堰をつくり、ノブレス・オブリージュの責を果たした…。

まだ読みはじめたばっかりだけれども、魅惑のテキストがとめどなく並んでいます。
民俗学的な視点から、川と水に視座を置いて、それでいて詩情を漂わせる筆致は、白洲正子を思わせます。
100を1にするような凝縮と削除、濃密で膨大な知見に裏打ちされ、かつ、情景喚起力のあるテキストに出会うのは、何物にも代え難い至福ですね。
姉妹版「水の旅」も同文庫から出ているようなので、そちらも読み進めるつもり。


2013/10/28

大阪駅のJR大阪三越伊勢丹のディスプレーに若手アーティストの作品が装飾に









大阪駅のJR大阪三越伊勢丹。
駅のコンコースのアトリウム広場から見ると、せっかくの全面窓ガラスの吹き抜けなのにカーテンがかかっていて、百貨店なんだかなんだかわかんないんですよねー。あそこ、カーテンを開けて店内が見えるようにするか、ディスプレーとして活用するかすればいいのに、と、広告屋は真っ先にそんなことを考えるわけです。
と、僕の声が届いたってわけでは絶対にないんですが、今、関西ゆかりのアーティストのアート作品群が装飾されてます。
B2、2F、5F、6F、7Fのフロアで展開されていて、それぞれの売り場の特性にマッチする作品が展示されてます。
ただこれ、わりと隅っこのほうで展開されていて、もちょっと目立つ場所でやってもよかったのでは?と、思わないでもないです。
なんにせよ、アーティストに取っても発表の場ができ、win-winの関係にはなりそうです。
今後、もっともっと発展していってほしいですね。

2013/10/27

町会がつくった愛珠幼稚園




北浜に、現役としては最古の園舎を使用している愛珠幼稚園があります。適塾跡の隣です。
通常はお子たちが通う幼稚園ですが、年に1回、ここが一般公開され、僕たちも見学できるのですね。
ただ、いつもの年は並ぶことなくゆったりと見学できるのだけれども、来年以降は耐震工事に入るため、今年を逃すと数年は見学できないとあってか、いやー、とんでもない行列ができてました。

愛珠幼稚園のサイトはこちら。
http://www.ocec.ne.jp/yochien/kindergarden/aisyu/

愛珠幼稚園は、明治13年(1880年)、船場北部の連合町会によって設立されました。
当時は北浜5丁目の北浜小学校(現在の北浜4丁目、大阪倶楽部の北裏)内に建てられ、明治16年には豪商・鴻池家の持ち家を借りて、現在の今橋に移りました。
その後、明治22年に連合町会から大阪市に移管され、市立幼稚園に。現在の園舎は3代目で、明治33年に敷地を移して着工、明治34年4月完成のものです。

この園舎は武家屋敷や寺社を思わせる威風堂々とした和風建築で、正門も塀重門です。そして、玄関からすぐの部屋は遊戯室で、吹き抜けの天井は格子の枠組みの格天井です
これだけでも船場の人々の子弟教育にかける熱意と心意気の高さ、重要性を認識していたことが伺えます。
さらに、遊戯室に置かれたグランドピアノは、ドイツ・ライプツィヒのイルムラー社のもので、当時、世界最高ランクの評価を受けていたものだとのことです。

園舎にはいたるところに工夫が施されていて、遊戯室の天井を高くして周囲の庇よりも高い位置に窓を巡らせることで採光と通風をよくしています。床を二重構造にし、あいだにおがくずを詰めることで、冷気と湿気を防いでいます。園庭と園舎の廊下は高さが同じにしてあり、段差がありません。今でいうところのバリアフリーの考え方が、導入されています。じつに細やかです。

3クラスの教室の他、和室もあります。ひな祭りや端午の節句などの行事を楽しむほか、和室があります。
ここでお茶遊びをしたりしてます。今でもしてますね。そういうマナー教育の重要性が園児の段階から必要だという、確たる認識がこの幼稚園にはあり、ハードの素晴らしさもさることながら、ソフト面でも、創設当時の精神が受け継がれているように見受けられます。

適塾を持ち出すまでもなく、大阪は教育熱心な地域です。商人たちは、教育の重要性を知り、私財を投じて学校をつくってきました。
その粋が、愛珠幼稚園ですね。
昨今は、公募校長問題や学区の自由化、教育バウチャーの導入など、賛否両論の教育改革が取りざたされています。これもまた、教育の重要性を知るからこそ、だと思うのですね。
その意味では、今も、教育を重要視する大阪の精神は、受け継がれていると思います。愛珠幼稚園が現役であるということも、その証左でしょうね。

園内は撮影禁止なので、あまり写真はないけれども、外観と入口だけでも。

2013/10/25

異界、高野山へ行く

熊野、高野山と行くと、紀伊半島が、日本列島の中でもっとも広大で年輪を重ねた樹海の中にあることが、わかります。
高野山は、言うまでもなく、平安初期に空海がひらいた場所です。
この海抜900mの山は、その頂の平地の周囲にもう一連の山岳を持つという二重構造になっていて、つまり、山でありながら盆地であり、盆地でありながら山であるという場所です。
そのことは、そこにいたる道のり、山を覆う雲、霧、そして見たこともないような急勾配を走る列車「天空」とカーブを切るケーブルカーを乗り継いで訪れると、よくわかります。

盆地の東の端には、空海の骨を納めている廟、つまり奥の院があり、そこに至る2kmの道すじとその周辺は、人家のない墓ばかりの世界です。千年来の、墓地。
土の中に埋もれたものや朽ちた無縁仏も加えれば、その墓地に眠る墓は、30万体を越すと言われています。世界でもこれだけの規模の墓地は珍しいでしょうね。
日本の墓はイスラムやキリストのそれのように個人単位ではなく家単位、共同体単位だから、その各墓には、複数の仏が納められているはずで、そのことを考えると、100万を越すのでは、と、推計します。
高野山には123の寺がありますが、それ以前に、このことを考えると、ここはれっきとした都市です。
この世にある、黄泉の国の都市です。

都市でいて、都市に固有にある嘘くささのようなものが、ここにはないですね。
枝道に入ると、中世、別所と呼ばれて、非僧非俗の人たちが集団で棲んでいた幽邃な場所があり、そこは寺よりもはるかに俗臭が薄い場所です。さらには林間に苔むした中世以来の墓地があり、もっとも奥まった場所である奥の院に空海がいまも生けるひととして四時、勤仕されている…。
そう書くと、嘘くささはなくとも、幻と現が交錯するような、境界線の曖昧なまどろみが、あちらこちらにありそうです。この空中都市は、空海が空に架けた幻影ではないかとさえ思えてきます。
日本で唯一の、異域ですね。

ここには、今でこそ珍しくなくなった、憤怒の表情をした仏がたくさんいます。
不動明王など。
ずいぶんと生臭そうな表情をしたお地蔵さんも。
微笑みをたたえた浄土からははみ出してしまう感情、表現、世界が、ここにはあります。他ならぬ空海が、そのような、浄土には収まりきらないものを持ち込みました。そうでなければ表現できないもの、救えないものがあるのだ、と。

鬼だな、と、思います。
あれらは、鬼です。
鬼とは、仏教的自然のいち変化です。
人はかつて悦楽と堕落の時代に鬼を必要とし、苦しみの時代に観音さんを見ようとしました。
今は、鬼だろうか、観音さんだろうか。
今の時代は、きっと、鬼を必要としているのかもしれません。
いや、観音さんかもしれない。

湧き出る水を蓄えた豊かな樹々、朽ちた墓、天に突き刺す卒塔婆、広大な空、あたりを浸食する霞、言霊を宿した梵字。
鬼、観音さん。
異域です、ここは。